【編み物本を編む】~ルーエル通り39番地

アパレル育ちのニット女子が「編む・装う・生きる」を楽しむブログ

正面平置きで美しいセーター ~ 新刊『ニットで奏でるエクローグ』 嶋田俊之 & MISIAの歌声

嶋田俊之さんの新刊『ニットで奏でるエクローグ・フェアアイルの技法で編むウェアと小物』が出ています。11月新刊、文化出版局です。私にとって嶋田さんのご本は、作品を編むために使ったことは一度も無く、ひたすら「読む美術館」の位置づけです。新刊のご本…

年内 3,200円【アップルの電池交換・予約編まとめ】iPhone バッテリー交換 予約の仕方・事前準備・持ち物・バックアップ

iPhoneのバッテリー交換は、年内は3,200円、年が明けたら8,800円になるそうです(Appleアドバイザーさんより)。持ち込み修理の場合、iPhoneで、もしくは、サポートセンターとの電話で、日時の予約を取ることから始まります。 電池交換してもらえる店舗は? iP…

ユザワヤさん、毛糸のオフ率が嬉しい!「1玉から40%OFF」の毛糸が20種類ほどあったという太っ腹情報です♪

大好きでお世話になっているユザワヤさん毛糸セール情報です。今回は吉祥寺店です。 毛糸オフ率( ..)φメモメモ 『11月18日まで、40%OFF』のポップがついている糸が多くて、ユザワヤさんが太っ腹すぎてびっくりしました。(会員限定価格ですが、年会費500円お…

【ブログ】必要な誰かに、必要な言葉が、必要な時期に流れていく等身大の場所

ブロガーさん自身は書きたいことを書いているようで、実はそこには、人間の力では計り知れない関与があって、誰かのために書けていることが往々にしてある。気がする。(あ、あ、たりるんの...、自分の話ではなく、読者側で書いています^^)どんな記事を書くか…

【編み物本】人気の『アランニット』~ 風工房さん「生命の木」のアランセーター掲載

編み物本は、新刊の方が価値があるということでもなく、根強い人気となってプレミアがつく本や、手に入らず常に捜している状態になる本があります。この『アランニット』もそんな人気の本です。内容が濃くて見飽きないアラン本の一冊です。2012年11月1日発売…

フランスのニット雑誌『Phildar』~編み図が綴じ込み付録になっている、親切な編み物本

最近、大きな本屋さんに行けなくて「秋冬の編み物本新刊」に出会えていません(>_日本の編み物本の話ではないのですが、おととい、パリで買った「フランスのニット雑誌」を使いました。フ、フランス語なんじゃないの?って感じですが、それが、この本はとても…

ニットの配色に、色のストレスを与えることで、服としての鮮度が増すのではないかと考えてみた。【錦鯉×ピラニア編】

錦鯉とピラニアの話 先日、読ませていただいたブログのお話から、あれっ?とニットの謎が解けたことがありました。 ためになるお話をありがとうございました。引用させてくださいね。 medical555.hatenablog.comブラジルまで観賞用錦鯉を空輸するとして、水…

アランのカーディガン&三國万里子『編みものワードローブ』 一枚だけニットを持てるとしたら...

アランのカーディガン 三國万里子さんの『編みものワードローブ』より、アランのカーディガン、もう少しで完成というところです。 このデザインは、出来上がりサイズがたっぷり目なので、女子がゆったりと着てもいいけど、男子が着ても可愛い気がする~。誰…

「簡単」という言葉

About me.(過去記事)という記事を書いたことがあります。UPしてから、一文字も訂正していないたりるん的には珍しい記事です。しかも、小学生の作文のような下手な文章です(今も相変わらず~笑)。ブログ開始1ヶ月頃の記事で、子供のような純粋な自分が「あ…

残り毛糸 使い切り計画②『ネックから編むプルオーバー』赤系とブルー系・編み方メモ

ネックから編むプルオーバー 残り糸活用では、配色を楽しみながら、ネックプルを編むのも好きです。残った糸の量の配分と、色の組み合わせだけを考えながら、ほとんどの部分を輪針でぐるぐる編みます♪♪赤系の残り糸で。袖の長さや、衿の形も、毛糸の残量が導…

パリの生地屋さん★画像シリーズ。

Bonjour!こんにちは!パリのオペラ近くの生地屋さんです。画像でお楽しみください♪シリーズです。(え?いつから始まった?ふふ。第1回!)◇その前に。画像には収まっていないことで、生地をカットするスピードの話ですが、ユザワヤさんは、チョキッと切れ込…

ハロウィンのかぼちゃが手編みのセーターを着たら ~ Contemporary Knit

ハロウィンの季節がやってきましたね♪♪数年前のハロウィンかぼちゃの写真ですがかぼちゃでコンテンポラリーニットをしよう!という話になり (※数十個のかぼちゃにニットを着せて南青山でインスタレーション)かぼちゃにセーターを編んであげたら長いこと腐ら…

【映画再上映】樹木希林さん『モリのいる場所』と『熊谷守一美術館』へのアクセス

引用:映画『モリのいる場所』公式サイト 映画『モリのいる場所』 映画『モリのいる場所』は、画家・熊谷守一の晩年の1日をフィクションとして描いた映画です。希林さんの追悼で、全国的に再上映で観られる映画館があるようです。私は、5月に行けなかったの…

お隣りさんの猫。名前を『ウツ』と言う。

「猫の恩返し」のような...『ウツ』との思い出。。。◇私の飼い猫のスコは玉のような声で鳴く。可愛くて美しい鳴き声は、10歳を過ぎた今も健在だ。顔を近づけると「ふるぅルん♪」と鳴く。 ん? 今聞こえたのは、鈴の音? たまらなく可愛くなって抱きしめる。抱…

「フューシャピンク」のスマホミトン ~ 参考編み図『 ベルンド・ケストラーのミトン』

皆さま、こんばんは★また深夜の更新です笑 東京の夜も冷え込むようになってきました。秋の夜長、たりるんのマンションは、虫さん達の鳴き声がリーンリーンと聞こえてきます。空気が澄んでいることが感じられて、地球には、優しさだけが似合うような気持ちに…