【編み物本を編む】~ルーエル通り39番地

「編む・装う・生きる」を優しく楽しく柔らかく綴る情報ブログ

本4★『マルティナさんのカラフル糸で編むレッグウェア』ドイツで人気のボッティーズ・レッグウォーマー・ソックス【春のルーエル通りで編み物本を編む 第4回】

たぶん。世界中の編み物好きの誰もが、一目見てとりこになるOPAL毛糸。

どうして「KFS」の糸は少し高めで特別な糸のようなイメージがあるのだろう?って疑問だった。

マルティナさんに会えたら、泣き出しちゃう方もいるくらいカリスマ性のある御方。

わたしは、2014年に「OPAL毛糸と靴下編み」にユザワヤさんの毛糸売り場で出会いました。

最初の出会いでの衝撃・感激が強かったので、OPAL毛糸はどうしても開かれたOPAL毛糸でしかなくて、「OPAL毛糸はマルティナさんが考案した糸」という書き込みを目にして「?」と思ったり。

「どこででも買えて時々はセールで買えるOPAL糸」と「特別感のあるKFSのOPAL糸」との関係が謎だったんだ~。

認識不足ですみません。

という前置きのもと、レビューです。

今日の編み物本

タイトル★『マルティナさんのカラフル糸で編むレッグウェア』

著者★梅村マルティナさん

出版社★NHK出版

発行★2020/10/25

定価(税別)★1,700円+税


マルティナさんはドイツ出身のニットクリエイターさんです。

東日本大震災後、KFSを設立し、気仙沼の復興・編み物に貢献してくださっている御方です。

※KFS(気仙沼フリーデン・ソッケン(平和の靴下))


本の構成

「part1 ボッティーズ」

ボッティーズとは?

ドイツには革底に生地やニットの編み地を縫いつけて、ルームシューズを手作りする伝統文化があるそうです。

ドイツ語「botties häkeln(ボッティーズ かぎ針編み )」で検索すると、こんな感じです。


f:id:rue_rouelle39:20210405135428j:plain


マルティナさん式

f:id:rue_rouelle39:20210405160924j:plain

その伝統文化を手軽に楽しめるアイテム「ボッティーズ(革底)」に、OPAL毛糸を編みつけてルームシューズを作る方法が、詳しく図解してあります。

マルティナさんのご本の中身画像はamazonに出ていないので、アイテムを引用しておきますね。

【ボッティーズ】
・ブーツ
・バレエシューズ
・ボタン使いのブーツ
・ケーブル編みのブーツ
・裏引き上げ編みのブーツ
・表引き上げ編みのブーツ
・ローファー風
・スニーカー風

子ども用、女性用、男性用と各サイズに対応できるよう「ボッティーズ」は柔軟なサイズ選びが出来るようです。

kfsamimono.com


KFSやオカダヤさんで購入可能です。

ソールの穴に細編みを編みつけていくだけで簡単とのこと。

仕上がりが可愛いアイテムなので、この感じが好きな方は、何足も編みたくなるのかも知れません。

材料は、ソール、インソール、OPAL毛糸だから、1足4~5千円。


自分なら

自分がもし履きたいなら、室内履きだから、ボッティーズ(底)を黒糸で細編みのかぎ針で編んで、Opal毛糸を編みつけるという、そんな可愛らしさを産み出すのも楽しそう。


ドイツ語「ボッティーズ かぎ針編み マニュアル」で検索すると。
f:id:rue_rouelle39:20210405162340j:plain


編むと、エスパドリーユみたいな底になるのね。

世界中でみんな工夫していますね~。または、革から選んで縫い付けたり、試行錯誤してみたい。

みんなの工夫の理由はわからないけれど、自分で閃いたり工夫したり、決まったパーツを買って組み合わせるだけでなく、他の方法でも試してみたくなりますよね。

とはいえ、ドイツ製なら、履き心地、滑りにくさ、など優れている気がします。

そんな風に想うと「ボッティーズ(革底)」を買って編みつけたい気持ちになってきたりします笑

編むなら、糸は「ゼブラ」一択♪♪ (過去記事)


「part2 レッグウォーマー」

OPAL毛糸で、メリヤス編みした「わ」=レッグウォーマーが掲載されています。


【レッグウォーマー】
・ショートタイプのレッグウォーマー
・ロングタイプのレッグウォーマー
・レリーフ編みのレッグウォーマー
・2色使いのレッグウォーマー
・ゴム編みつきのレッグウォーマー


この糸で編むとこんな感じですよ~的に、参考になるような、おまけパートのような感じです。


「part3 ソックス」

【ソックス】
・ベーシックソックス
・オーバーソックス
・かごめ編みのルーズソックス
・ストライプのソックス
・縦柄のソックス


ベーシックソックスは、カラーの図解があります。

最後の糸始末、はさみでカットする最後の最後まで、丁寧な図解があります。


また、履き口の編み始めなのですがマルティナさんの「針で編む作り目」の詳しい図解があります。

この方法だと「一般的な作り目」と違って、段染め糸の変化の連続性を損なわないのだそうです。


それから、よく目にする「かごめ編み」ソックスの編み図が掲載されています。


『マルティナさんのカラフル糸で編むレッグウェア』の解釈

糸について
この本では、ドイツのOpal(オパール)毛糸を使用しています。段染め糸はすべて、著者のマルティナさんがプロデュースするKFSオリジナルカラーです。


とのことです。初めに書いた疑問を無理やり謎解きしてみる。下の2つはたりるん解釈です。

●「KFS糸」は、「Opal毛糸の製造会社(TUTTO社)で、KFS専用=マルティナさんのために染められるオリジナル糸があって、その糸玉に日本語の糸名と帯をつけ、価格設定し、限定されたお店で販売されている糸」

●『マルティナさんのカラフル糸で編むレッグウェア』は、「マルティナさんのカラフル糸(=KFS糸)」で「マルティナさん式レッグウェア」を編むための本



マルティナさんのコラムがあったり、掲載作品も多く、マニュアルにもなり、マルティナさん&KFSのファンの皆さまには、懇切丁寧で温かい本だと感じました。

東京では、KFS糸は、新宿の「オカダヤさん」で、実際に手に取ることが出来ます。




素敵なアイデアを読ませていただいてありがとうございました☆f:id:rue_rouelle39:20190408191138j:plain 


★自分なりのソラで編める靴下編みがひとつあると強い。「糸の呼吸 壱の型」 ↓↓
www.rue-rouelle39.com

www.rue-rouelle39.com


★KFSの糸「ゼブラ」は、初めて目にした時に魅力的だなぁと思いました。
   



※※※
たりるんブログ内の画像・文章の転載引用は固くお断りいたします.
※※※

いつもありがとうございます. 今週もがんばりましょう.らびゅ~♡

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村


かぎ針編みランキング