【編み物本を編む】~ルーエル通り39番地

「編む・装う・生きる」を優しく楽しく柔らかく綴るブログ

【心とクローゼット】空っぽにして、足していく

f:id:rue_rouelle39:20210401153532j:plain

服を入れ替える

季節が変わる時、誰もが思うこと。

「去年の今頃、何を着ていたっけ?」

「何を着たらいいのかわからない」

クローゼットの過去服たちが、新鮮に蘇って、「イマ」にドンピシャで合うこともある反面、

流行っていそうなものを数着買い足しても、なんだかしっくりこないことってあるでしょ。

特に、コロっちのために引きこもっていた分、何が新鮮か見えてこない。

ほんとにわからなくなった時には、クローゼットの断捨離が効果的です。

(定番シンプルは手放さないでね)

減らしてから、ショップに行ったり、ネットを見ると、

今の自分に合うものが、必要なものが、うそのようにわかるの。コレホント。


f:id:rue_rouelle39:20210401153806j:plain
画像引用:Free-standing Closet Made With an Old Door | Hometalk


心を入れ替える

自分でできること


新学期。新年度っ。前向きに行こう、よし。

ポジティブを重ねているつもりだけど、なんか、なんか、なんだかな、ってあるでしょ。

ポジティブを足す前に、心から、ネガティブを出しきっちゃうことがコツなんだ。

そうすると、水槽のように、澄み切った明るいポジティブで意識が満たされていく。

言うのは簡単。ネガを出し切るのは、なかなか難しい。

だから、なるだけ最初から持たないようにする。かなぁ。


・ずるいと思うことをしない。自分だけ得しようとしない。

・意地悪をしない。いじめない。

・悪口や愚痴を言わない。嘆かない。


私達は日本人の遺伝子を持っているから、上の3つをしちゃうだけで、自分で自分を無意識に、いやなコだな~、情けないなぁ、って感じちゃう。

表面的には、優位に立ったように見えることだけどね。

くっつき虫のように、同じ感情や人が集まって来るから、ネガ層が厚くなる。あわわ。

重たい感情が増えると、第六感、ななかん、八感辺りが働かなくて、「閃いた」「そんな気がした」「必然の偶然」などなどが起きなくなるんですよね。

たぶん、軽ーいままだと、魔法が使える。笑(たぶんほんと)

人間関係で出来るといいなぁと思うこと


ただ、上の3つは自分で気をつけられるけれど、他者と共存する中で、誰もが、むむむ~と弱っちゃうことがあるのですよね。

人間関係。その、人間関係が一番幸せで、一番面倒でネガになったりする。

好き好き好きありがとうありがとうありがとう、で、ずぅーっとそばにいる幸せ。

その一方で、自分ではコントロール出来ない他者面倒事件がやってくるのよね~。

苦手な人に、攻められる、責められる、迫られる、のは、ね。

大人になっても幼稚園の頃と一緒で、荒っぽいコ達は悪いと気づく力が足りなくて、いいコほど許しながら、はぁ~あぁ~って、なっちゃう。

精神状態がマイナスに持っていかれて、時間がもったいないことわかっているのにね。

ただ、それは人生での学びの必然だから、自分磨きのために事故のように起きることだけど。

車を上手に運転するように、なるべく、あちこちぶつからずに済むように、

自分が大事にしている部分が合わない人とは、距離を置く、静観出来る力は、ほんと大事。


結論は「服も心も、好きだけを足す」

似合わない服を無理して着ても、一日中、居心地が悪いし、自信をなくすだけだもの。

人も、大切な人、優しい人、温かな人、楽しい人といれるなら、その関係にすご~く感謝して、それで十分♡

それ以上は、そ~っと付き合う、笑。

毛糸もそうですよね。

編んで上手くいかない糸やあまり好きじゃない糸に固執しても、何度編んでも、上手くいかないの。

そんな時も一旦、手放す=時間を空けるのがいい。



イマイチな時は、服も心もリセットしてから始めるのが、たぶん、「嬉しい楽しい大好き」でいるコツなんだと思う。


軽〜く、かる〜く、空っぽにプラスしながら生きよう。



2021年度スタートです٩( ''ω'' )وf:id:rue_rouelle39:20190408191138j:plain 



MISIA - 好いとっと

#好きやけん 楽しかけん ここにおると 遠慮は よかよか
#一緒におるだけで なんでかもう 嬉しくなるとよ


www.rue-rouelle39.com


   


いつも読みに来てくださってありがとうございます. また来るけん、待っとってね~. たりるんも、好いとっと~♡

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村


手芸作家ランキング