【編み物本を編む】~ルーエル通り39番地

「編む・装う・生きる」の3つを楽しむ陽気なニット女子の情報ブログ

編み方付き!【機械編みの靴下】履き口が「2目ゴム編みのソックス」を編む場合。キャリジ操作、針の出し方、目数、とじ方、タッピ返し。編み機 SK280

f:id:rue_rouelle39:20200629174335j:plainf:id:rue_rouelle39:20200629174635j:plainf:id:rue_rouelle39:20200629174815j:plainf:id:rue_rouelle39:20200629175609j:plain

機械編みの靴下編み、第2弾です。先日(過去記事)の靴下の編み方です。


★2年前の記事、第1弾では、履き口が「1目ゴム編み」のソックスの編み方を( ..)φメモとして書いています。
www.rue-rouelle39.com


第2弾では履き口が「2目ゴム編み」ソックスの編み方と、キャリジ操作を追加して丁寧に書いてみますね。

【編みあがる!】編み機SK280で編む、履き口が「2目ゴム編み」ソックスの編み方

使用機種は、シルバーSK280、4.5Pです。使用糸は、OPAL毛糸(中細)です。

編む方向は、「履き口のゴム編み部分」から編み始めます。最後が「つま先」です。


編み始め・捨て編

キャリジ操作
・スレッドレバー スレッド
・サイドレバー ○
・カムレバー ヒラアミ
・ラッセルレバー Ⅱ
・ダイヤル D=8 → D=6.2


編み方
①必要目数は、L29R29。(29)ー(0)ー(29)の位置に針を出す。4の倍数+2=58目作り目。

②58目出したら左端はD位置2目、1目置きにA位置に下げる。残りをB位置とD位置にさらに1目置きに出す。1目置きの捨て編みの針出しが出来た状態。

③捨て編み用糸を糸口に入れ、編目ダイヤル大きめ、糸は58本針の上を通って(のせて)左端下におろして(垂らして)、キャリジ右から左へ、1段編む。

④捨て編み糸でそのまま4段編んで、キャリジ左。おもりをかける。

⑤D=6.2にして、続けて3段捨て編み、キャリジ右へ。抜き糸で1段編んで、キャリジ左。


2目ゴム編み部分

キャリジ操作
・スレッドレバー ヒラアミ
・サイドレバー ▽

・カムレバー ヒラアミ
・ラッセルレバー Ⅱ
・ダイヤル D=6.2


編み方
⑥本糸に替えて、左から右へ(3段)編んで、キャリジ右。

⑦手作業(ウツシ)で、まず、2目おきに2目続けた状態にかけ直す。左端から29,28 空空 25,24 空空~

⑧次に、シンカーループを空いている針にかけ直す。左端のシンカーループは左から2番目の針に重ねる。 

⑨全目に糸がかかりました。段数メモリを0にし、ゴム編み段数(20段)編む。

⑩手作業(タッピ)で、タッピ返しをします。ここまでで、2目ゴム編みが出来ました。



『編み方テキスト(機械編)』 日本ヴォーグ社
「2目ゴム編の作り目」は、テキストP8 テク5がわかりやすいです!!!


足首

キャリジ操作
・スレッドレバー ヒラアミ
・サイドレバー ▽
・カムレバー ヒラアミ
・ラッセルレバー Ⅱ
・ダイヤル D=7.2(最後までこのまま)


編み方
⑪段数メモリを0にし、足首までさらに(40段)編む。キャリジは右で終わる。

f:id:rue_rouelle39:20200619180032j:plain
※「履き口の2目ゴム編み」と「足首までの40段」を編んだところ。画像がぼけていてごめんなさい^^


かかとの引き返し

キャリジ操作
・スレッドレバー ヒラアミ
・サイドレバー ▽
・カムレバー ヒラアミ
ラッセルレバー Ⅰ


編み方
⑫かかとの引き返しは、ソックスの左右で、引き返す部分が反対になる。まず、左(29)ー (0) の針をD位置に出して休める。
※ラッセルレバーはⅠにして、左半分のD位置の針を編まないように注意。

⑬右(0)ー(29)の引き返し
段数メモリを0にする。
【編み残しの引き返し】キャリジと反対側を1目D位置に出す(右半分の1の針です)。編んで、糸かけをする。右端は最初だけ2目(綴じ分)をD位置に出して編む(左端の29,28の針です)。

⑭(18段)編んで、(9)(10目・中央は目が残る)(10)になったら
【編み進みの引き返し】糸かけをして、反対側の針をC位置に引っ込める。⑬と⑭の引き返し計は(36段)になる。


足底

キャリジ操作
・スレッドレバー ヒラアミ
・サイドレバー ▽
・カムレバー ヒラアミ
・ラッセルレバー Ⅱ


編み方
⑮段数メモリを0。ラッセルレバーをⅡに戻して、全目(58目) を (46段)編む。


つま先の引き返し

キャリジ操作
・スレッドレバー ヒラアミ
・サイドレバー ▽
・カムレバー ヒラアミ
ラッセルレバー Ⅰ


編み方
⑯つま先は、かかとと同じ操作の引き返しです。
左半分はD位置で休める。ラッセルレバーⅠ。段数メモリを0。
右半分で【編み残しの引き返し】(18段)と、【編み進みの引き返し】(18段)。目数は(9)(10)(10)。

⑰つま先の引き返しが終わったら、糸を2倍半残してカット。

⑱捨て編み糸に替えて、右半分捨て編。次に、右半分をD位置に出して、左半分をC位置に戻して捨て編。ラッセルレバーをⅡにして、全体を編み機から外す。

f:id:rue_rouelle39:20200619181848j:plain
※水色は捨て編みの糸です。とじ終えたら、最後にほどきます。


仕上げ

編み方
⑱つま先部分をメリヤスはぎ。

⑲最後にサイドを綴じます。かかとの引き返し部分はかかと側2段に対して甲側1段です。

サイドはアウトシームに綴じると履き心地がごろつかないし、デザインも可愛い^^♪

f:id:rue_rouelle39:20200619182051j:plain

片足完成です~。サイドをとじるため、左足は引き返しの部分が逆になります。

片足1~1.5時間くらいで編みあがります。この赤系のソックスはSサイズで足底40段です。


サイズと目数段数

※第1弾(一番上の記事)よりもダイヤルを1刻み小さくして編んでみました。足底段数を変えました。足底段数は、足のサイズの記事を参考に調整してくださいね。

D=7.2でもD=8でも、どちらもゲージは変わりません(30目×40段)でしたが、D=7.2の方が少ししっかりした編み地だと感じます。厳密にはゲージが1.8%程度違うと思います。

www.rue-rouelle39.com


※D=7.2とOPAL毛糸で編む時の参考まで

①(足のサイズ)→(編む段数)
・S 23cm→(40段)
・M 23.5~24cm→(44-46段)
・L 24cm~24.5cm→(50段) くらい


②Lサイズやメンズで、履き心地ゆる~めがよければ、足首周りを全体62目L31R31。(31)ー(0)ー(31)。


③全体メリヤスのゆるい編み地が気になる場合は「足首~かかとの中央辺り」「足底の中央辺り」で減目し、3段ほどそのまま編んで、また元の目数に戻して編むとよいです。


目数・段数・ダイヤルは、適宜調整をよろしくお願いします。数字や操作も確認したつもりですが、書きミスがあるかもしれません。ご了承ください(o_ _)o))ペコリ

f:id:rue_rouelle39:20200629175609j:plain
※左:Mサイズ (足底46段×足首40段)・右:Lサイズ (足底50段×足首20段) 


タッピ返しのコツ

機械編みと言えば、「タッピ返し」という作業が独特で楽しいです。難しいと感じる方も多いけれど、コツは、タッピで糸を掴もうとする必要はないのですよ♡

目を外して指先で押しほどいたら、編み地をしっかり下へ引っ張ります。タッピを鉛筆持ちして、糸の向こうへタッピを押す時に、力を強めにするだけです。タッピ自身が糸を掴んで戻って来てくれます。力加減は押すが99、戻るが1、くらいで、反動を利用してみてくださいね~。リズムに乗れば、編み地からいい音♪が聞こえます。


f:id:rue_rouelle39:20180530145545j:plain
「タッピ」 引用:編み方テキスト(機械編)


幼い頃、母がパンパンパンパン♪とタッピ返しを始めると、隣りに座って、私もパ...ン、パ...........ン、パ(止まった!)とやらせてもらっていました。ヴォーグ学園では、自分のタッピ返しになると、K先生が隣りに座られて、笑いながら競争(敵わないけど^^)していました。

タッピ返しの面白さを知っていただくだけでも、「編み機」おすすめです~(*^▽^*)




可愛くてふわ~っというのが好きだけど、機械系の考えたりいじったりする要素も好きなのです。

先週、糸抜棒やラバーやメリヤス針などなど部品交換し、丁寧にお手入れをしました。可愛がるとね、一段と愛機になります♡

ではまたね~♪♪ f:id:rue_rouelle39:20190408191138j:plain 


www.rue-rouelle39.com

www.rue-rouelle39.com




   

  

お役にたてますように. らびゅ~♡

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村


棒針編みランキング

※※※
たりるんブログの編み図・編み方などは 個人でお楽しみくださいね^^
画像・文章はたりるんの著作物です. 無断転載引用は固くお断りいたします.
※※※