【編み物本を編む】~ルーエル通り39番地

「編む・装う・生きる」の3つを楽しむ陽気なニット女子の情報ブログ

【ランプシェードの絵本】子どもの頃に読んだ記憶がある絵本 #うちで過ごそう ⑥ 

実在したのかどうか半信半疑なのです
それなのに よく思い出す絵本があります
その絵本やそのお話と再会したことがないので
本当に読んだのかな?
どうして記憶に残っているのかな?と思います
そのくせ 出会えてよかったなぁ♡と
ときどき 懐かしく思い出すのです

f:id:rue_rouelle39:20181013113241j:plain

ランプシェード (仮題) 』

その日の夜 街でダンスパーティが開かれることになっていました
どの子もピンクや黄色や赤のカラフルで色とりどりの布地に
宝石やリボンでゴージャスにデコレートされた
シェードのドレスを身に着けています

ここぞとばかりにご自慢のドレス みんな得意気です
その中にぽつんと シンプルすぎるシェードの子がいました
私の記憶の中の主人公です

お母さんがパーティのために用意してくれたのは
白い布だけで飾りがないシェードです

真っ白なシェードの子は ひとり場違いな場所に
行かなければならないような気がして
みんなの輪の中に入れません

記憶にある絵本の見開きのページでは
前から順に華やかな子達が笑顔で行列をつくっています
少し離れた一番うしろを 真っ白なシェードの子が
うつむき加減で歩いています

ダンスパーティの会場
ダンスが始まる時間
会場は電気が落とされ真っ暗に
ランプシェード達はそれぞれにシェードに灯りをともします

その瞬間!
みんなの歓声を受け一心に注目を浴びたのは
真っ白なシェードの子!

ただの白い布は実は透かし模様
メリーゴーランドの影絵が
淡いオレンジ色に鮮やかに映し出されたのです

シェードの子がくるくると回るたびに
暗がりの中で 壁のメリーゴーランドが
オレンジ色に染まりくるくると回転します

それまで得意気だった華やかなシェード達の
ご自慢のデコレーションは役に立たず
暗がりに同化してしまっていたのでした 

◇※◇Fin◇※◇



なんとなーく
「質素でいて心が純粋なことが 大事な時に
神様からみたら一番輝くってことなんだなぁ」
というようなことを幼いなりに感じたのでした

空想のような
でも確かに読んだ記憶があって
心の錨になっているような絵本のお話

どなたかご存知の方がいらっしゃったら教えてください



今このコ口ナウィルスを境に
無垢なシェードの本来の美しさが輝き出すように
虚構の資本主義的価値感がひっくり返って
芯が美しければ輝いて
明るく生きていけるような気がして
書いてしまいました



☆だから 言いたかったことはね
こんな土砂降りの肌寒い日の都会で
今回のことで もしも
経済不安や孤独や仕事への憂鬱が膨れ上がって
死にたくなっても 絶対に生き続けてほしいのです
必ず 変わっていくから

このブログは読んでいないと思うけど
どこかの大切な命へ届け~☆



おやすみなさい☆彡 明日は引くほど晴れ!だから
笑って笑って一緒に頑張りましょう٩( ''ω'' )و f:id:rue_rouelle39:20180704213145j:plain


いつもありがとうございます。またね!(=^.^=)ニャ♡