【編み物本を編む】~ルーエル通り39番地

「編む・装う・生きる」を楽しむ陽気なニット女子の情報ブログ

幸せは飛んで来る。笑顔の功罪? アパレル時代の試練 &『雑誌の切り抜き '05S/S 孔雀のPRADA』

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ

今日のニットカフェ

f:id:rue_rouelle39:20190309183745j:plainf:id:rue_rouelle39:20190309183804j:plain
プラダです。PRADAの2005年春夏コレクションです。トーンを押さえた統一感のあるカラー、タイトで少年のような孔雀のようなアイテム、魅惑的なモデルによる鳥のポージング。初めて見た時からずーっと好きなフォト2枚のご紹介でした。

左側の帽子が編みたくて、エコアンダリヤで挑戦したけど、その当時は、編目がどうなっているのかの謎が解けず、編みかけになっています、再挑戦しなくちゃ。

幸せが飛んで来る瞬間

数日前の午後、スコーン!と「幸せの感覚粒」がわたしの中に飛んで来ました。

こういう時、ピタッ!と変化が起こったと確信があるとき、たいていそのピースはぴったんこ、ジグゾーパズルが完成します。

サルコーマの手術から半年ほど経過したある日、「あ!私、生き残れる!」と思った瞬間にも、そんなピタッ!が来ました。

たまにある、そのピタ受取り以降は、ピタ前よりも、その都度数センチだけ晴れやかに生きている感じです、笑。

それについて一生懸命考えて行動して、手放して忘れたタイミングで、あっ!と来ます。

昔っから、こういう「はてな」なことを下手な説明で話します。話さないといいのにね。しかも今書いちゃっていますし。

頭の回転が遅いので、気の利いた返答が出来ません。瞬時に面白いことが言える人を尊敬します。大阪の人とか、天才です、笑。

書くことはゆっくりでいいので、まだなんとかなります。書くことは好きですが、わかりやすく書けてない自信つき、ふふ。←自信持ってどうする?

小学生の頃、お掃除と作文と図工と理科の自由研究は、先生がとりあげて褒めてくださっていたので、勘違いしたまま笑、成長しました。誉め言葉は良くても悪くても強力磁石だな~♡

いつの日にか、誰もが一度読むだけでわかりやすく、「お~そういうこと~☆!!」となにかになるようなブログになるといいな、笑。


笑顔

気の利いた返答が出来ないために備わっている本能なのか「愛嬌がいい」とか「スマイルたりちゃん」とか言われて育ちました^^

学生時代のバイトでは「たりさんが立つとよく売れるね~」と言われたりしました。

社会人になってからも案外重宝がられ、トップに近い環境の時は可愛がっていただきました。社長様方の心の器が大きかったからですが。


アパレル時代最後の試練

アパレル時代は、コレクションの展示会、表参道での日々、インポート業務や小物のデザインなど、業界の華やかな諸々に携わり、ときめきながら楽しく仲良く、厳しい指導も嬉しく仕事に弾んでいました。

そんな心地よい日々の最後に、台本にあったかのように試練が訪れました、笑。仕上げのスパイス。

あれ?え~?、と心の中で疑問符を描きながらも、仕事に行くのにポロッと涙が出るほど、弱っていた日々がありました。

自然な自分、普通にお仕事をしているだけなのに、その人には私が談笑しているだけでも気に障るんだろうなぁ。どうしよ。。。

ただ、その状況が嫌な間は辞めないようにしようと思っていました。課題を残したまま、次へ行っても、その課題はきっとついてくると思うから。

そのうちに、会社の事情で離れられるタイミングが自然とやって来たので、その課題からは爽やかに卒業出来ました。

わたしは「自分に起きることは最善」と思っているところがあるので、悩んではいたし、その状況は受け入れ難かったけれど、自分にとって必要な良いスパイスだったと思っています。私に仕事上の大人の部分が足りなかったのだと思います。


新社会人の皆さま、ガッツ☆彡です。でも適当に。 


大きくても小さくても、それぞれに辛いことがあるけれど。嫌なことほどアリガタイのだと思います。その時が人生の貯金中、自分を耕し中です☆彡

ある日、ちょうどよいタイミングで、幸せはちゃ~んと飛んでくるからね。C'est la vie!

またね! f:id:rue_rouelle39:20180704213145j:plain

いつもクリック応援をありがとうございますm(_ _)m&m(=^.^=)m

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村


棒針編みランキング

「にほんブログ村(ランキングサイト)」に、「編み物」と「肉腫」で参加しているのですが、リニューアル中につき、記事が反映されません。しばらくは、独り言的に、編んだものをゆるくと、素の自分や気づきを書き留めておきますね。