【編み物本を編む】~ルーエル通り39番地

「編む・装う・生きる」を楽しむ陽気なニット女子の情報ブログ

★【抜群の弾力性と保温性に優れた手あみ糸】ハマナカアメリー・空気を含んだニュージーランドメリノウール・50カラー展開


ハマナカアメリー、50色展開!


※風工房『24色の糸で編む ニットウェアとこもの』

この本の使用糸は、ハマナカアメリーオンリーです。本のタイトルから、アメリーは24色展開かと思っていましたが、ハマナカさんのサイトによると、至れり尽くせり、なんと50カラー展開。絵の具箱のようです。

どおりで。ユザワヤさんのアメリー棚ですが、背伸びするほど上の棚から、しゃがみ込むほど下の棚、首をねじって左右の棚、と、眺めがい・選びがいがあります♪♪

シンプルに「グレイ系」(ファッション性重視)を買おうと決心しているのに、ついついニット女子のサガで、「朱赤」の次には、「ターコイズブルー」(発色がきれい~、好きな色という理由)を買ってしまったりしています。


ハマナカアメリー ターコイズブルー #47


過去記事に書いていますが、今は、「朱赤」でアラン模様のゆったり幅のセーターを編んでいます。


ハマナカアメリー クリムゾンレッド #5

カラーは5番。この「朱赤」は、「クリムゾンレッド」と言います。風工房さんのこの本から得た知識です。「フューシャピンク(過去記事)」とか、「クリムゾンレッド」とか、きれいな音の響きに弱くて、印象以上にきれいな色だなぁ♡と思っちゃう笑。

風工房さんが、クリムゾンレッドで編むおすすめのデザインは、表メリヤスに小さな交差を全体に入れて、陰影を出したカーディガンです。この陰影模様によって色に深みが加えてあります。

f:id:rue_rouelle39:20190121115153j:plain
引用:クリムゾンレッドのカーディガン『24色の糸で編む ニットウェアとこもの』


ハマナカアメリーって、どんな糸?

さて、Amerry『ハマナカアメリー』とは、どんな糸なのか、素通りしがちな毛糸の帯を読んだら、もっと好きになりました。引用しまーす↓↓

NEXT Standard
ニュージーランドの牧羊家が愛情こめてつくりあげたメリノウールと、ハマナカの長年培ったアクリルブレンド技術が出会い、ソフトでふくらみのある手あみ糸ができました。抜群の編みやすさをご実感ください。

f:id:rue_rouelle39:20181125115624p:plain
引用:Wikipedia

【品質】ウール70% アクリル30%
 (New Zealand Merino 70% + Acrylic Fiber 30%) 

【標準重量】40g(糸長約110m)

【参考使用針】棒針 6~7号 ・ かぎ針 5/0~6/0号

【標準ゲージ】棒針 19~20目 27~28段・かぎ針(長編み)20~21目 9~9.5段 

※ゲージとは、編み目の大きさのことで、10cm四方に、横が何目、縦が何段あるかを表しています。本(編み図)と同じゲージなら、本と同じサイズに編みあがるよ~というわけです。


あらためてラベルを読んで、うんうん。確かに納得の編みやすさと心地良さ。ニュージーランドのメリノ羊さん、はるばると大切な羊毛をありがとう♡

そして、ハマナカさんのアクリルブレンドの技術。サイトには、「抜群の弾力性と保温性に優れた手あみ糸」と書いてあります。

http://hamanaka.jp/hamanaka/2261
※ハマナカアメリーのサイトです

糸が空気を含んでいる。編んでいて軽く、編み上がりも軽く、柔らかな肌触りです。


そっかー。早く身につけられるよう、がんばろ-☆彡

(しばらくの間、実家にいるので、「出来上がりましたっ!」の報告は、少し後になりそうです。ごめんなさい。)

お付き合いいただきましてありがとうございました。またね!f:id:rue_rouelle39:20180704213145j:plain


【その④ 袖完成】ハマナカアメリーで編む赤いゆったりセーター↓↓
www.rue-rouelle39.com

【その③ 肩の引き返し・アイロンがけ】ハマナカアメリーで編む赤いセーター↓↓
www.rue-rouelle39.com

【その② 後ろ身頃】ハマナカアメリーで編む赤いセーター『アランニットの本』より↓↓
www.rue-rouelle39.com

【その① 編み図決定】ハマナカアメリーで編む赤いセーター『アランニットの本』より↓↓
www.rue-rouelle39.com

赤いセーターを編みたくなった話 ↓↓
www.rue-rouelle39.com






いつもクリック応援をありがとうございますm(_ _)m&m(=^.^=)m