【編み物本を編む】~ルーエル通り39番地

「編む・装う・生きる」を楽しむ陽気なニット女子の情報ブログ

【編み物本】パピー発『手編みの本 vol.12』風工房と植村浩樹さんの競演 心惹かれる冬の日のアラン

今日の【編み物本】は、パピー発『手編みの本』というシリーズから、好きな一冊です。

この『手編みの本』は、数年に一度しか発売がないようで、プレミア本になっている号もあるシリーズです。発売は、主婦の友社です。現在、2015年発売の『vol.13』まで、かと?思います。

今日絶賛する(笑)のは『vol.12』ですっ! 表紙のコピーの文字、見て見て~。


風工房と植村浩樹さんの競演 心惹かれる 冬の日のアラン


もうね、ね、ね、タイトルだけでも、1日眺めていられる感じ笑。素敵です♪♪ 

風工房さんは言わずと知れた、ですが、植村浩樹さんは1980年生まれのアパレルデザイナーさんです。

2013年10月に出版されている本ですが、内容は王道なので、今もまったくもって新鮮です。全34作品。その中から、3点...。


風工房「ツイードの故郷、スコットランドへの想いを込めた、セーターと小物」

f:id:rue_rouelle39:20190118135200j:plain
引用:『手編みの本vol.12』

デザイン:風工房「ツイードの故郷、スコットランドへの想いを込めた、セーターと小物」

糸:ボットナート(カラフルなネップが入った編みやすい糸ですが、廃番のよう?です。)

風工房さんの作品だけでも、アランとフェアアイルで、8作品も掲載されています。

先日ユザワヤさんで、この手編みのセーターをお召しの方をお見かけしたので、この本のことを書きたくなりました。とても素敵でした♡


植村浩樹 「自然の色とツイードであむ 北欧風のフード付きジャケット」

f:id:rue_rouelle39:20190118135231j:plain
引用:『手編みの本vol.12』

デザイン:植村浩樹「自然の色とツイードであむ 北欧風のフード付きジャケット」

糸:ソフトドネガル

植村浩樹さんの作品は、アランやフェアアイルなど5作品掲載です。


大橋裕 「糸の風合いと、模様が魅力の丸首のカーディガン」

f:id:rue_rouelle39:20190118135316j:plain
引用:『手編みの本vol.12』

デザイン:大橋裕 「糸の風合いと、模様が魅力の丸首のカーディガン」

糸:ブリティッシュエロイカ #134

1983年生まれアパレルデザイナーの大橋裕さんの丸首のアランカーディガンも好きです。



この本一冊だけでも、アイルランド・アラン諸島、スコットランド、英国、北欧、ロシア、リトアニア、という国名が登場します。

「編み物」と一口に言っても、国の伝統模様から、技法から、糸の種類・太さ・カラー・組み合わせ・糸になる羊さんの種類、棒針・かぎ針・アフガン針・機械編み...、そこに形やデザインや創作が加わって、幅広くて、一生かかっても納得するまでの網羅は出来ないのだろうなぁ...と、あらためて思います。

奥が深くていいですよね。

心を込めて、こつこつと...。今日も温かな時間を、お互いに♡

お付き合いいただきましてありがとうございました。またね!f:id:rue_rouelle39:20180704213145j:plain


嶋田俊之さん新刊『ニットで奏でるエクローグ』↓↓
www.rue-rouelle39.com






いつもクリック応援をありがとうございますm(_ _)m&m(=^.^=)m