【編み物本を編む】~ルーエル通り39番地

アパレル育ちのニット女子が「編む・装う・生きる」を楽しむブログ

フランスのニット雑誌『Phildar』~編み図が綴じ込み付録になっている、親切な編み物本

最近、大きな本屋さんに行けなくて「秋冬の編み物本新刊」に出会えていません(>_<) きっと、いい本が並んでるんだろうなぁ...と妄想しています。

日本の編み物本の話ではないのですが、おととい、パリで買った「フランスのニット雑誌」を使いました。フ、フランス語なんじゃないの?って感じですが、それが、この本はとても親切なのです。

『Phildar』という糸メーカーさんが発行している編み物本です。価格は、5ユーロ(約700円)、本の厚さは約1cmで、30作品掲載、136ページです。

f:id:rue_rouelle39:20181103122430j:plain

日本の編み物本のようなピカピカの紙質ではなくて、編み図のページは茶色いざら紙です。作品のカラーページで、やっと、ファッション雑誌くらいの質感です。というわけで、本は結構傷んでいます。

とはいえ、情報が手に入れば、紙はペラペラでも気にならず...。むしろ、海外の香り~笑

で、フランスのこの編み物本! どんな感じかというと、たとえば、この地味な感じのgilet(ジレ、カーディガン)ですが、
f:id:rue_rouelle39:20181103122733j:plain

編み方ではなく、着方が、さすがフランス! ジレを素肌に1枚ですものね! 編み物本にも、大人の国の感覚が~!?

編み方のページは、フランス語。
f:id:rue_rouelle39:20181103123411j:plain

ですが、最初に、日本の編み物本と同じように、

La chainette(鎖)の言葉と鎖の編み方の図解、La maille serree(細編み)の言葉と細編みの編み方の図解...。というように、使う記号はちゃんと図解で説明してあります。

おー、なるほど~。「4 m(エム)なら、細編み4回ね!」という感じです。

とはいえ、間に文章があるので、フランス語勉強中の学生向けテキストになっちゃう~と。と、と、心配ご無用で、なんとバッチリ編み図付きです(上の画像、ジレの袖部分になります)。

f:id:rue_rouelle39:20181103124209j:plain

さらに、「親切すぎ?」って思うのですが、XS, S, M, L , LLの5サイズ展開で、その5サイズ全部編み図付きっ!
 
しかもしかも、わざわざ、綴じ込み付録になっています。開きま~す♪♪ これは、同じ袖部分のサイズ違いの編み図です。

f:id:rue_rouelle39:20181103124412j:plain

この行き届いた対応。それだけ、体形が多様ということもあるのかなぁ。わずか30作品なのに、136ページ+綴じ込み付録による図解ですものね。フランスのニット雑誌に「お・も・て・な・し」を感じてしまいました...。

この号は、Femme(レディス)と、Fille(女の子)と、Bebe(赤ちゃん)の特集号でした。

こちらは、赤ちゃん。ピンクの方は、四角く編んで、肩ひもをつけて、と簡単に編んであります。

f:id:rue_rouelle39:20181103124827j:plain

簡単だけど、ちゃ~んと背中で、ボタン二つのオープンになってたりして、めちゃ可愛い。

f:id:rue_rouelle39:20181103125019j:plain

左側の赤ちゃんの編み方のページです。四角く編む傾向、高っ!


f:id:rue_rouelle39:20181103125305j:plain

モチーフブランケット。配色がきれい~。


おとといは、掲載作品を編んだわけではないのですが、好きな模様編みがあるので、それを参考に使いました。日本の編み物本では見慣れない組み合わせが載っていたりします。

ちなみに、この号は春夏号です。秋冬の号は、また次の機会に(日本の秋冬編み物本の方がおもしろく充実している感じがします)。

下に、Amazonのリンクだけ貼っている「風工房さんとサイチカさんの新刊」が気になるぅ~♡

秋の夜長、編み物が捗りますが、暑かったり寒かったり、皆さま体調管理に気をつけてまいりましょー(^^)★

お付き合いいただきましてありがとうございました。またね! f:id:rue_rouelle39:20180704213145j:plain


★パリのクリニャンクールの蚤の市で出会った昔の編み物本です↓↓
www.rue-rouelle39.com


風工房さん新刊♪

サイチカさん新刊♪


いつもクリック応援をありがとうございますm(_ _)m&m(=^.^=)m