【編み物本を編む】~ルーエル通り39番地

アパレル育ちのニット女子が「編む・装う・生きる」を楽しむブログ

特大サイズ!【アフガン編みのピンクッション】& 編み方 メモ & 新刊『アフガン編みのこもの』

『アフガン編みのこもの 』(監修 岡本啓子) レディブティックシリーズ

頼れるレディブティックシリーズから、『アフガン編みのこもの (監修 岡本啓子)』が発売されています。2018/8/23 

以前発売された『アフガン編みの小物』レディブティックシリーズ2206号(こちらは、タイトルの「小物」が漢字でした)は、人気と絶版で、プレミア本になっちゃってます。記事を書いている時点で4千円超えてる気が...。気のせい?(定価990円)

再販を望んでた方が多かったようなのですが、パワーアップして、最近のトレンドを取り入れた感じの新刊が出てます~(*^▽^*) 載っているアイテムは違いますが、素敵でした。時代が進んだ感じがしました笑。しかも、岡本啓子さん監修です。本を眺めながら、バッグ(表紙にも載ってるバッグ、4色展開)を「母に編んであげたい~♡」って思いました。


こちらは、以前の本からです。ティーコゼセットがかわいかったぁ!
f:id:rue_rouelle39:20180918104637j:plain
※引用:『アフガン編みの小物』2206号


で、本日は、「本の話」ではなくて、って、十分書いちゃってますが(;^ω^)。

アフガン編みつながりで、本とは関係ない「大きなピンクッションの話」です...、え?帰る? 待ってぇ~。ぎゅ~っ笑


特大サイズ! アフガン編みのピンクッション

f:id:rue_rouelle39:20180918111553j:plain

以前、雑誌の、ファッションデザイナーさんの机周りを撮影してあるページに、大きなピンクッションが写っていました。

その大きなピンクッションを見た時に、その大きさに「カッコいい~♡」と一目惚れしまして、「私もほしい~☆」と思って編んだでっか~いピンクッションが、コレです。アフガン編みで、直径16cm、高さ10cmです。

それまで見たことも、そのサイズ感の発想さえなかった大きな針山は、素人の私にも、そよ風のように『プロ感』を運んできてくれました。 え?気のせい?(気のせい2回目登場、笑)

ニット用のまち針を100本差していますが、まだまだ余裕です~(^^)v ちょっとプロっぽい~♪♪と、ひとりで酔ってみるニット女子!笑
 
ニットの制作には、かなりの本数のまち針を使います。袖付けのピン打ち、アイロンかけのピン打ち、ミシンかけのしつけ替わり...。

袖付けなら、こ~んな感じ↓↓。まち針の頭同士がくっつくくらい密にピン打ちするんですよね。授業では、もっとビッシリ感があった~(;'∀')
f:id:rue_rouelle39:20180918003049j:plain
※引用:「手あみテキスト」日本ヴォーグ社

ヴォーグ学園のK先生は袖付け時とアイロンかけ時の、まち針の打ち方がめちゃ厳しくて、ニコッと笑いながら「もう一回」。教室内でこだまことだま響き合っていました笑。懐かしい~♡ 感謝感謝。

で、アイロンかけやミシンかけでまち針を使用する時に、この大サイズの針山が重宝しています♪♪ 大きい針山は、まち針の差し心地に安心感があって、「奥さん、一度これ使ったら、もう今までのものには戻れません!ドヤッ」っていうアレ(*^▽^*)

この大きな針山を編む前は、バラバラっと、箱かケースかテーブルの上に、抜いた針を寝せ置きして、作業が美しくなかった記憶が...(^^ゞ


f:id:rue_rouelle39:20180918111338j:plain

左側に写っている、かわいいというか、当たり前サイズのブルーのピンクッションは、ハサミより小さな直径8cmです。こちらは普段活躍しています。

まち針数本、縫い針数本、刺繍針数本、綴じ針全サイズ、そして、なぜかきのこ数本...(;'∀') きのこが生えていると癒されるのはなぜ?

普通サイズのピンクッションを編んで、服飾の友達にプレゼントしたら、「もう1個、欲しいっ♡」ってリクエストされたことがあるので、自分の備忘も兼ねて、編み方メモ載せておきますね。アフガン編み、静かなブームっぽい? きてる?笑


編み方メモ(備忘録) 画像左側・普通サイズ 直径8cm

f:id:rue_rouelle39:20180918003336j:plain

『アフガン編みのピンクッション』

使用糸:スペクトルモデム
針:8号アフガン針、6号かぎ針

1.別鎖の作り目をし編み残しの引き返し編みで編む。8枚目は20cm残して引き抜く。

※配色は好みの色で4段ずつ替える。

2.編み始めと編み終わりをプレーンアフガンはぎにする。別鎖をほどく。はぐ。

3.底はかぎ針で円形に編む。わの作り目→1段目:(14目)の長編みでスタート→2段目:(28目)→3段目:(42目)→4段目:(56目)

※側面との大きさを見ながら、サイズを決める。

4.側面と底の2枚を合わせて、縁編みを編む。細編み2段編む。2段目に飾りでピコット。

5.縁編み1段目の最後を何目か残し、残り糸を入れる。(綿よりも針が錆付かないらしいです☆彡)

6.トップにボンボンをつけて完成。

※底に厚紙を入れました。


お付き合いいただきましてありがとうございました。またね!f:id:rue_rouelle39:20180704213145j:plain

↓新刊です!





↓以前の本です!


いつもクリック応援をありがとうございますm(_ _)m&m(=^.^=)m