【編み物本を編む】~ルーエル通り39番地

アパレル育ちのニット女子が「編む・装う・生きる」を楽しむブログ

【旅の記憶】アランセーターの国、アイルランド・ダブリンで体感した「アイルランド人の母性」 

f:id:rue_rouelle39:20180909105044j:plain
※ヨーロッパをバックパッカーで回った時、アイルランド・ダブリン[DUBLIN ROAD]での1枚。閑散としていて、いつも風が舞っていた風景を思い出します。1枚だけ写真が見つかったのだけど、なんてことのない構図すぎて...笑


20代前半、2人旅。夏から秋にかけて、ヨーロッパをバックパッカーで周っていました。

「ついに、着いたね~♪」と感激しながらダブリン駅のホームを歩いていると、アイルランド人のお兄さんに声をかけられました。

「うちに泊まりませんか?」

え、え~っ?(@_@;) 何? はて? どゆこと?

と、この後の展開が気になるあやしいやりなのですが、あっさりと結論を書いちゃいますと(書いちゃうのか笑^^;)、そのご家族のご自宅を、今でいう民泊のように開放されていたのです。

フランス・シェルブールからフェリーで、アイルランド・ロスレアへ。18時間の船旅のため、船中で一泊。船酔いして戻しながらも、陽が沈んでいく丸い水平線を眺めては、地球は丸いんだなあ...と感激していました。

港に着いたら、列車でアイルランドの首都ダブリンへと揺られます。列車の窓越しに眺める緑の森は、まさしくケルトの妖精たちが住んでいるようでした。

数時間後、無事にダブリンの駅に感激の到着。夢心地での到着間もなくのナンパ!(あ、違った(^^;)

ドッキリな言葉とは裏腹に、素朴な感じの大学生くらいのお兄さんです。他にもすでに誘われている旅人さん達がいます。

ではでは、「熟慮の直感のOK」を信じ、私たちも気ままな旅なので、お誘いにのっかることにします♪♪ 


f:id:rue_rouelle39:20180921134910j:plain
※引用:「海の男たちのセーター」ダブリンのミュージアムに所蔵のアランセーター

宿泊先のマダム(最初に登場したお兄さんの母親)は気さくで優しくって、部屋に遊びに来ては、聞き取れないアイルランド訛りの英語で、たくさん話してくださいました。

他に、アメリカ人の女のコや、イギリス人のご夫妻、フランス人の男性が、同じ時に泊まっていました。

お風呂は共同で順番なので、異国の体臭のことや、誰か間違えて途中で入って来ないかしら?とか、20代女子ならではの心配をした記憶があります。

毎朝の朝食は、かちかちに焼かれた固~いベーコンと目玉焼きだったことも懐かしいです。

数泊させてもらって、私たちは北アイルランド・ベルファストへの旅に向かうために、さよならを告げました。

日本からの小さなプレゼントを、おばさん(マダム)は、愛情いっぱいの大きな喜びのリアクションと共に、ガラスケースに飾ってくれました。

かくかくしかじか、北のベルファストに滞在して数日後。すでに勝手にマイホーム感を抱いているダブリンへ、再び南下して来ました。

「今度はB&B(ベッド&ブレックファースト)にも泊まってみようね~」って、慣れた感じで軽~く話していました。

んが、もちろん無計画。まさか、戻ってきた日のダブリンが、ラグビーかの何かの大会開催日なんて知る由もありません。

街は、昼間っからギネスの黒ビールとともに盛り上がっていて、いや、出来上がっていて、どのB&Bを訪ねても訪ねても訪ねても、空いている部屋はありません。

途方に暮れた私たちは、意を決して歩きます。泊まれる可能性があるのは1か所だけ。そこにかけるしかない。

住所を教えてもらっていたので、地図を頼りに、「初めてのおつかい」ばりの気持ちで、街外れの民泊おばさん(マダム)の家へ向かいます。

はあぁああ~、帰りついたぁ~~~;;;(泣きたい)脱力感。でも、まだ本当の到着ではありません。

イギリスの雰囲気が香るブルーの木製のドアを、コツン、コツン、と叩いてみます...。

「どうか、部屋が空いていますように!!!!!」

願いはむなしく、...沈没-----っ。部屋は満室-----っ。

”あらあら、お帰り。どうしたの? ...

泊めてあげられないけど。でも、ちょっと座って待ってて。妹の家にたずねてみるわね。

...ごめんなさい。無理だって。あ、ちょっと待ってて。他にも...。”

夕暮れの時間帯、そう言いながら、身勝手な旅人をなんとかして助けてあげようと、何十分も何軒も、知り合いの方に電話をしてくれました。

結果、全滅-----っ(;'∀') 

その時、おばさんが「よしわかった!OK!OK!」という感じで、「今夜は私のベッドで寝なさい」と言って、おばさん自身の部屋を開放してくださったのです。

スプリングがギシギシと鳴る広いベッドでした。半泣きで寝ました。

翌朝、おばさんはいつも通りの涼しく優しい顔で、私たちのベーコンと目玉焼きを用意してくれていました。まさに母親のそれでした。

あぁ、もっと語学力があれば、どんなに感謝しているかを伝えられるのに...。

ただの若い無鉄砲な旅人は、遠い遠いアイルランドで、こんなにも親切にしていただいたのでした。芯から純朴で道徳的な国民性でいらっしゃるのだろうと思います。日本人と似ているのじゃないかと思う。

アイルランドの女性。アランセーターを真面目にこつこつと、きれいなレリーフになるように編みあげるニッター気質。みなさん、母性のかたまりなのだろうと思います。


f:id:rue_rouelle39:20180909134055j:plain
※引用:「海の男たちのセーター」古いアランセーターの写真を元に、復元されたセーター


もう会うことはないかも知れないけれど、おばさんのベーコン、おばさんのベッド、おばさんがアルバムと一緒に話してくれた家族のこと...。すぐそこにあるような、今も生きている宝物の旅の記憶。

あの時のすべてに感謝を込めて♥

お付き合いいただきましてありがとうございました。またね!f:id:rue_rouelle39:20180704213145j:plain


五浪丸さま、コメントありがとうございましたm(_ _)m


★「アイルランド/アランセーターの伝説」野沢弥市朗 著 本の話です ↓↓
www.rue-rouelle39.com

★パリでの出たとこ勝負のニットプロジェクト話です 笑 ↓↓
www.rue-rouelle39.com




いつもクリック応援をありがとうございますm(_ _)m&m(=^.^=)m