【編み物本を編む】~ルーエル通り39番地

アパレル育ちのニット女子が「編む・装う・生きる」を綴るブログ

続【編み物本 】

編み物本

f:id:rue_rouelle39:20180724102144j:plain
※パリ・クリニャンクールの蚤の市で。

通り過ぎたり、ずっとそばにいてくれたり。思いがけない場所で出会ったり。

最新の今を教えてくれたかと思ったら、その時代の記憶をまるまる閉じ込めて、次にこちらから声をかけるまで、待っててくれる。

「あ!」と思ったタイミングで、本棚の奥へ訪ねていって再会してみると、期待を裏切らない回答を持って、アドバイスしてくれる。勇気づけてくれる。

「その時のたりるんには、わからなかったかも知れないけど、今ならわかるでしょ?」って、沈黙で言いながら、微笑んでいる。ドンピシャのタイミングで力になってくれる。

欲しい言葉、必要なイメージがそこにある。

大切な人達と一緒だなぁと思います。

出会った時から、直感で好きだったり尊敬出来たり。そんな出会いがあった人とは、遠い関係になっても、たまにしか会えなくても、ずっと好き。いつも好きだし、いつも応援してくれてることがわかる。

寄り添ってくれてる。力になってくれてる。

人って、肉体としては1コだけど、「1」で出来てるわけではないんだなぁと思う。

お付き合いいただきましてありがとうございました。またね! f:id:rue_rouelle39:20180704213145j:plain


★昭和の日本とフランスの子ども達 ↓↓
www.rue-rouelle39.com





いつもクリック応援をありがとうございます m(_ _)m&m(=^.^=)m
ブログランキング・にほんブログ村へ