【編み物本を編む】~ルーエル通り39番地

アパレル育ちのニット女子が「編む・装う・生きる」を綴るブログ

【編み物本レビュー】アイデアが湧いてくるかわいい世界 & 『ちいさなあみもの』『こどもニットくつした』

アイデアや編みたい物がストップした時。そんな時に、想定外の方向から、山盛りの「どう?」を積んで、助け船としてやってきたかわいい編み物本2冊、ご紹介させてください♡

『ちいさなあみもの』くげなつみ 日東書院本社

Amazon

2015年9月発売。デザイナーさんは、くげなつみさん。なんといっても写真の色がきれい。カラーがシビラさん系、わびさびているくすんだトーンでまとめられています。ラフなコーディネートは、そのまま大人にも置き換えられそうです。

あ~。こんなのを編みたかったんだよね~。とか、こんな風に着たいんだよね~。とか、目が♡♡になる本です。

こんなの編みたい、こんな風に着たい、この配色かわいい。本のアイテム以上に、アイデアがどんどん湧いてきて、編みたい気持ちが膨らんでいきます。

なんでだろ? なんで~? いい~♡ 

大人の、というか一般的な編み物本だと、モデルさんと作品を見ながら、似合うかなぁ?難しいかなぁ?...と、まず現実直視から入るからなのではなかろーか。

ちいさなあみもの』は、無条件にかわいくて、丸ごと受け入れられる。あれこれ余計なことを考えずに、無意識下で、幼くて可愛くて無垢だった頃の自分に、着せてみたり、編み始めたりしてるのじゃないかしらん。アイデアの元。そこに愛がある~♡ 

ファッション誌を見て「着たいなぁ...」と思う気持ちと、編み物本を見て「編みたいなぁ...」と思う気持ち。その両方を遠慮なく持てる要素をちょうどよく、このかわいい本が持っているようです。


『こどもニットくつした』誠文堂新光社

Amazon

表紙:「小花柄とストライプのくつした」

こちらは昨年秋、2017年11月発売です。女の子も男の子もファッション誌のようなスタイリングです。

女の子が、シャツにトレンチ羽織って、袖まくりしてこなれ感出して、手編みのソックスを履いています。え~っ、それって大人になってからでいいじゃん。もうね~、こましゃくれすぎて、大人顔負けで、めちゃくちゃ可愛い♡んです。


f:id:rue_rouelle39:20180709143328j:plain
引き上げ編みの靴下。凹凸のあるユニークな模様と大人っぽいカラーがポイント。モノトーンファッションをクールに引き立てます。

※画像と文 引用:『こどもニットくつした』

ってコレ、子ども向け手編みくつした本の文章です。子どもは、ピンクとかウサギさんとか着てるのが、"子どもらしさ"っていうものなんだからぁ~。アンパンマンとかドキンちゃんのソックスがいいって。ってツッコミつつ、クールだよ。可愛い~。

こどもニットくつした』は、スタイリングの中に手編みのソックスを取り入れているのがいいです。ほとんどの靴下本は、靴下だけがアップで載っているよーな。

手編みのソックスを履いている子ども達が笑っていて、眺めているうちに考えの窮屈さから開放され、ファッションアイテムのひとつとして、ソックスや諸々をもっと編みたくなってくる不思議な本です。127ページと厚く、31型掲載です。


お付き合いいただきましてありがとうございました。またね! f:id:rue_rouelle39:20180704213145j:plain


★ソックス編み直し大作戦 ↓↓
www.rue-rouelle39.com


★【本のレビュー】「服を買うなら、捨てなさい」↓↓
www.rue-rouelle39.com









いつもクリック応援をありがとうございます m(_ _)m&m(=^.^=)m
ブログランキング・にほんブログ村へ