【編み物本を編む】~ルーエル通り39番地

アパレル育ちのニット女子が「編む・装う・生きる」を楽しむブログ

アパレルっぽい【ニットのきれいなたたみ方・スマートな収納-③】厚手のセーター編

アパレル式に、ニットをキレイにたたんで、スマートに収納する方法の3回目です。

アパレル式と書かなくても、皆さまと同じたたみ方の可能性が高いです。厚手のニットやカーディガンだけではなく、ジャケット、ブルゾンなども、共通して、こんな風にたたんでいます。皆さまとたりるん、同じかな~?ふふ( *´艸`)

厚手のセーターのたたみ方

かさばるハンドメイドのセーターをたたんでいきます。3回の中で一番「かんたん」(^^)♪

今日のサンプルは、厚手ニットの引き出しの一番上にあったガンジーセーター。温かい分、厚手です。


①背中側。きれいに置きます。
f:id:rue_rouelle39:20180612214747j:plain


②紙を置きます。紙をはさむのがポイント!紙が芯になります。プラス、湿気取り、防虫対策。
f:id:rue_rouelle39:20180612214826j:plain
紙は、買った時に挟んだり包んだりしてもらった薄紙を利用。A4のコピー用紙なら、2枚並べて置きます。画像は、薄紙を4分の1にたたんでいます。

下の画像のように、広げておいてもよいです。こちらは薄紙を半分にたたんでいます。
f:id:rue_rouelle39:20180612214911j:plain


③袖をたたみます。大きな物は、袖だけを横にずらしてたたみます。かんたん。
f:id:rue_rouelle39:20180608104221j:plain


④裾線を肩線に合わせる感じで、折りたたみます。
f:id:rue_rouelle39:20180608104553j:plain


⑤ひっくり返します。正面を上にして、保存用ビニールに入れます。ミセスロイドとビニールで、防汚防虫対策万全。
f:id:rue_rouelle39:20180608104734j:plain
大きめのビニール、画像のビニールは入れ口が39cm。


⑥完成!
f:id:rue_rouelle39:20180608105109j:plain


時間をかけて編み上がった大切なニット。年に数回しか着用しないけど、一生、キレイに愛用したいですよね。大切にストックしてくださいね♡


よく紹介されている丸める方法は、力のかかり方が均等ではないので、保管の際ではなく、旅行や教室への持ち歩きなど、短時間の時におススメです。

スマートな収納

1回目と2回目の記事にも、収納(._.) φ メモがあります。


薄手のニットのたたみ方はこちらを見てね↓↓
www.rue-rouelle39.com


ビニールは、1回目と2回目の薄手には、横幅29cmを使用。3回目の厚手には、横幅39cmを使用しています。この2サイズのみで、ほとんどの衣類に対応できると思います。厚手を数枚まとめて収納するときは、45リットルの袋も活用します。

ニットが、ぜ~んぶ片付いちゃいましたね。お疲れさまでした(*^▽^*) 何かたたみたいものある?笑


★今回たたんだガンジーセーターのお話です↓↓
www.rue-rouelle39.com


お付き合いいただきましてありがとうございました。またね!









いつもクリックをありがとうございます m(_ _)m&m(=^.^=)m
ブログランキング・にほんブログ村へ