【編み物本を編む】~ルーエル通り39番地

アパレル育ちのニット女子が「編む・装う・生きる」を綴るブログ

気になった雑誌4冊『毛糸だま』『GISELe』『SWITCH』『men's FUDGE』

毛糸だま2018夏号 2018/5/7

Amazon

遅ればせながら、やっと読みました。

脇役で気になったページ。ニット男子「里山ハンモック」のみちやまさん

ITエンジニアさんだったみちやまさん、今は、ハンモックのワークショップを開いたり、ハンモックに携わっていらっしゃるのだそうです。

私はハンモックに初めて寝っころがった時、破れないのかな?本当に寝れるのかな?って緊張しました。そんな心配をよそに、揺れながら包まれるあの幸福感♡ 胎内にいたときの安らぎなのだとか...。

体重がかかる実用品を編む?なんて、すごいニット男子さん!!


みちやまさんのインタビュー記事↓↓ 
www.bepal.net


GISELe 7月号 2018/5/28

Amazon

ジゼルは、表紙の鮮度が高くて、毎月、一番に手に取ってしまいます。

装いに「黒」を取り上げてあって、黒だけど優しさのあるデザインのもの(袖がふんわりとか...)など、女子力高い黒アイテム。毛糸だまの表紙も黒だったしね~。GUの3カラーの布帛ワンピの中でも、黒はお出かけ用。笑

先月は、ジゼルを読んで、ネットバッグが、強烈に目に留まったのでした。


★メッシュバケットバッグ ↓↓
www.rue-rouelle39.com


★GISELe掲載 高価なバケツバッグ ↓↓
www.rue-rouelle39.com


★ネットバッグが300円でした。買ってしまって、まだ、編んでいません^^; もう、編みました? わわ。さすがっ! ↓↓
www.rue-rouelle39.com


SWITCH Vol.36 No.6 2018/5/20

Amazon

下田昌克さんのティラノサウルス!ジャケ買いしそうなカッコいい表紙です!

キャンバス生地の布や糸で、こういう物体を創ってあるのを見るとワクワクします。

パリ18/19の秋冬メンズコレクション「コム デ ギャルソン・オム プリュス」は、白の衝撃×恐竜マスクでのランウェイが話題だったのです。

www.switch-store.net

川久保玲さん( Comme des Garçons Homme Plus)と、ティラノサウルスの下田さんの特集号で、そそられてしまいました。


men's FUDGE 7月号 2018/5/24

Amazon

男のコのきれいめカジュアルの雑誌です。女子のファッジよりも、素敵なファッションスタイルが多い気がしました笑。 

らく~に、抜いて着ている感じが、アイテムではなくて雰囲気がいいです。ページをめくるのが楽しい、癒やされる感があります(^^)

パリにもミニマリスト男子。世界中で、年齢にかかわらず、ミニマルの時代なのですね。



雑誌は「今」がわかるし、本は、知識や知恵を取り入れたり再確認したり、ネットも好きだけど、本屋さんは大好きです。

お付き合いいただきましてありがとうございました。またね!


★「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」に影響を受けたお話↓↓www.rue-rouelle39.com









いつもクリック応援をありがとうございますm(_ _)m&m(=^.^=)m