【編み物本を編む】~ルーエル通り39番地

ニット女子が「本」と「生きる」を編むブログ

きちっと編んで、ゆるっとはめる!『ベルンド・ケストラーさんのミトン』

こんにちは!《ベルンド・ケストラーのミトンを普及させる会》勝手に会長のたりるんです(^^)

親指ミトンをどうやってはめると女子力がUPするか、っていう話です。笑

Amazon

絶賛!ベルンド・ケストラーさんの親指ミトン

以前、記事にも書きましたが、昨年の秋に『ベルンド・ケストラーのミトン 親指から一気に編める』に出会ってから、私の中で大絶賛。親指ミトンを15セットも編んじゃいました。

www.rue-rouelle39.com


初作を自分用に残し、14セットは旅立ちました。


※使用糸:リッチモア・パーセントグラデーション×パピー・クイーンアニー // グラデーションなので、左右で雰囲気が違うけど、それもよかったです。


こなれ感のあるミトンのはめ方

父と母にも、色違い・サイズ違いで編んで、送っていたので、先日、帰省した際に、母に「ミトン、ちょうどよかった?」とたずねてみました。

タンスから出してくれます。

私が編んだものは、ブランドのニットと同じ位置づけでしまってくれています。涙 ^_^; アリガタヤ

母るん「うん。上手ね~。よかったよ。(若干、沈黙...。)」

たりるん「はめてみて♪」

母るん「...素敵なんだけど、親指がちょっと短いとよ。もうちょっと長いとよかったかな~。」

そっか~。母も指先は長い方なのです。


手に合わせて、きちんとはめてくれて...、というか、ギョギョギョ(@_@)「お母さん、引っ張りすぎ~!!!」


※私のミトンによる参考画像。こーんな感じ。


親指の付け根に、きちんと合わせて、引っ張っています。

もちろん、間違いじゃないけど、ミトンにも、それっぽいはめ方ってあるから~~笑(^^)~。

サイズじゃなくって、ほっ。


そこで、ファッションアドバイザーたりるんの、ミトンの良さを生かすはめこなし、笑。スタートッ~♪ 


※私のミトンによる参考画像。ふわん♪とはめたら、終了!


たりるん「引っ張らずに、ゆるっとはめるといいよ。ね! ミトンの中で、手が泳ぐ感じ。かわいいでしょ?」

母るん「笑、笑、笑。あら、ほんと(^^)v」

たりるん「お母さんみたいに、引っ張ってはめたら、忍者だ~。笑、笑、笑。」

ってなわけで、母も、無事にそれっぽくはめることが出来ました。忍者脱出。


f:id:rue_rouelle39:20180527150630j:plainf:id:rue_rouelle39:20180527150646j:plain
f:id:rue_rouelle39:20180527151035j:plainf:id:rue_rouelle39:20180527151740j:plain
※左:街バージョン  右:忍者バージョン

ミトンの持ち味を生かす

手袋なら、きちんとはめた方が、手先がキレイに見えます。

が、ミトンは、アイテム自体が、ゆるくてふわんとした甘い存在なので、その雰囲気を生かしたい感じです。

指先のチラ見せくらいが、年齢に関係なく、着こなしのコツ♡ 


私は作品作りと色がけんかするのがイヤで、ネイルをしませんが、ミトンからチラっと、ネイルの指先が見えるのは、とっても可愛くてオシャレだと思います。

きちんと編んで、ゆる~ッと、チラチラっと。ハッピーに♪♪ ふふふ。


お付き合いいただきましてありがとうございました。またね~!









ひと手間おかけしますがポチッていただけると舞い上がります m(_ _)m&m(=^.^=)m
ブログランキング・にほんブログ村へ