【編み物本を編む】~ルーエル通り39番地

アパレル育ちのニット女子が「編む・装う・生きる」を綴るブログ

気づき

新元号の時代を前に。「アパレルのゆくえ」と「これからのスタイリング」by アパレル出身女子の妄想

猛暑ですよね。疲れも溜まってきますよね。皆さま、体調をお気遣いながらお過ごしくださいね♡ 地球が号泣したり、熱を出している大変な時代です。これからの時代を「衣服とどうつきあっていくのだろう」と、考えてみました。 ブランド価値ってなんだろ? ア…

【6月のお礼】ロシアW杯ポーランド戦にじーんとした。&モスクワを観光した時のこと。& 23000PVありがとうございました。

6月が終わりますね。2018年の前半がもう終わります。時間が加速していて、時が経つのが本当に速いですね。 ロシアW杯ポーランド戦に思うこと。 2.3万PVありがとうございました。 モスクワを観光した時のこと。 ロシアW杯ポーランド戦に思うこと。 それなのに…

看病と編み物2

先週、母が1週間ほど再入院しました。帰省して、ほとんどの時間を母の看病をして過ごしました。 ★先月の看病の時に感じたことの記事です↓↓ www.rue-rouelle39.com 帰省する飛行機で、無意識に考えたこと 帰省する飛行機が高度を下げた時に、「今、飛行機が墜…

その人にとってかなり大事なものを拾った時に『フランダースの犬』のネロを思い出す話

※「フランダースの犬」の舞台 ベルギー「アントワープの大聖堂」 誰かの生活に重要な何かを拾った時に、「フランダースの犬」のネロを思い出すという...それだけの話です。スミマセンm(_ _)m←先にあやまる。私は、その時のネロの行動を思うだけで、涙腺崩壊 …

AI時代を生きる。これからの未来に大切なことを簡単にまとめてみた。

※スペインの夜明け(車窓から)幼い頃、自分の分身ロボットがいたらなぁ...♪なんて、考えてました。AIの時代って、たぶん、そんなワクワクする夢をそのまま楽しめる時代なのだと、私は楽しみにしていまして、簡単にまとめてみました。 体力の時代 知力の時代 …

【追悼と感謝・登山家 栗城史多さん】メールの決意に勇気づけられる。

栗城史多(くりきのぶかず)さんのメールより 栗城さんを知ったきっかけは、身近な人から、興味深い話とともに教えてもらったから。 「栗城さんって、登山をしていた彼女に失恋して、『その彼女と同じ景色を観たいから』登山を始めたんだって。」素敵な理由だ…

母の手術と、病気になるということ。この世の仕組み。

母のこと 病気知らずだった母が、昨年に続き、先週手術をしました。昨年は全身麻酔をして切る手術、今回は局部麻酔の塞栓術でした。 昨年の入院が、私を出産して以降、初の入院です。 母は、着物着付けの協会を4人で設立し、九州それぞれの地に支部を創り、…

死ぬまでにやっとかないと後悔しそうなこと?&スペイン文学『海のカテドラル』

ぼくは死ぬ前に、やりたいことをする! 「ぼくは死ぬ前に、やりたいことをする!」という文章が、先日、フォローしている『ぼくたちにもうモノは必要ない。』の著者、佐々木典士さんのツイートで流れてきました。2回目のマラソンに参加なさってて、ペンギン…

AIに学ぶ。失敗を数多く高速でこなせば、答えにたどりつくのだ。&『強く生きる言葉』岡本太郎

コンピュータのすごさ yu.さんのツイートに流れて来た記事を読んで、面白い気づきがありました☆mywarstory.tokyo コンピュータのすごさはHeuristicにある。Heuristicとはものすごく雑に言ってしまえば『試行錯誤で解く』ということです。コンピュータのすご…

サルコーマの私が実感したこと。ひとつひとつの小さな優しい気持ちが、だれかの命をつないでいくのだと思う。

手術前のこと 手術前、サルコーマのことと手術のことを、両親に言えなかったのでした。手術の朝、「もし、なにかあったら、"自分を支えるのが精一杯で、お父さんとお母さんの気持ちを支える余裕がなかったから言えなくてごめんね"ってあやまっといてね。」と…

【3月のお礼】ブログを始めたキッカケをくれた3冊の本 &ブログを始めて22日経ちました。5000PVありがとうございました。

ブログを始めた経緯 2017年の冬に佐藤航陽さんの『お金2.0』、2018年になって落合陽一さんの『日本再興戦略』、少し前ですが堀江貴文さんの『多動力』などを読んだり、仮想通貨やブロックチェーンという新しい概念も一般化しつつある昨今、時代がものすごい…