【編み物本を編む】~ルーエル通り39番地

「編む・装う・生きる」を楽しむ陽気なニット女子の情報ブログ

パリ

LOUIS VUITTON で見たリアル『オズの魔法使いセーター』&ヴァージル・アブロー著『“複雑なタイトルをここに"』

LOUIS VUITTONに行ってきました。2019SSの『オズの魔法使いセーター』を、この目で見たくて。 今日のニットカフェ 深夜に涙が出たこと 今日のニットカフェ LVカラーで統一されて、甘い香りが漂う店内。メンズフロアの5階まで、木造りの広い階段を、厳かな気…

フランスのニット雑誌『Phildar』~編み図が綴じ込み付録になっている、親切な編み物本

最近、大きな本屋さんに行けなくて「秋冬の編み物本新刊」に出会えていません(>_日本の編み物本の話ではないのですが、おととい、パリで買った「フランスのニット雑誌」を使いました。フ、フランス語なんじゃないの?って感じですが、それが、この本はとても…

パリの生地屋さん★画像シリーズ。

Bonjour!パリ、オペラ近くの生地屋さんです。「画像でお楽しみください」シリーズ。え?いつから始まった?ふふ。第1回!◇その前に。画像にはうつらないことで、生地をカットするスピードの話です。ユザワヤさんは、チョキッと切れ込みを入れたら、鋏でシャ…

【パリの雨音とマリーゴールド】 ~ ルーエル通りの部屋から

ザーザー降りの雨の日のことです。どうしてその日に、そうしようと思ったのか覚えていないけれど、パリで暮らし始めてから初めて、洗濯機を回していました。ワンルームの部屋に備え付けられた丸いドアがついた横型のドラム洗濯機。フランス語のだいたいはわ…

パリ MONOPRIX発【モノプリ エコバッグ】初期ブラック の 思い出

モノプリ(MONOPRIX)は、パリだけではなく、フランス中で、人気のスーパーマーケット(Supermarche)です。食品、洗剤、工具、おもちゃ、簡単な雑貨、ランジェリー、化粧品...といった品ぞろい。現地の生活感を感じられるスーパーはとても楽しい観光地です笑パ…

「ルーエル通りのパリジェンヌ」と「お肉」と「牛乳」& 雑誌『FUDGE 8月号』パリの日常着

ルーエル通りのパリジェンヌ パリジェンヌとお肉と牛乳 『FUDGE』8月号 7/12発売 ルーエル通りのパリジェンヌ パリに住んでいた頃、隣の部屋にとってもきれいなパリジェンヌが住んでいました。その友人ナッシマとは、ある日の夕方、ルーエル通りのアパルトマ…

全仏オープンテニスのコーチが、私が編んでいた編み物に、かけてくれた言葉。

全仏オープンテニスの時期に懐かしく思い出すことがあります。 テニスコーチの前で編んでいたもの テニスコーチからかけられた言葉 完成した作品からのメッセージ テニスコーチの前で編んでいたもの その当時、私はパリのアパルトマンを借りて住んでいました…

【無料放送予定】全仏オープンテニス開幕!錦織圭選手出場!& テニス 点数の数え方

こんにちは♪ 元テニス部女子たりるんです。いよいよ本日、全仏オープンが始まります。今は、テニスは観戦のみですが、テニスが好きで、パリが好きなので、ローランギャロスで開催される全仏オープンは、とても楽しみです。 1回戦・錦織圭選手・出場予定 テレ…

2019年 全仏オープン情報&2005年 全仏オープン優勝時のラファエル・ナダル

【2019年5月18日更新】 2019年全仏オープン情報 こんにちは(^^) 元テニス部女子たりるんです。2019年の全仏オープンは、2019年は5月26日(日)~6月9日(日)の15日間、開催。いよいよですね!テニス4大大会(グランドスラム)のひとつです。ちなみに、4大大会…

「ローランギャロスのチケット」全仏オープンを当日券で観戦した話。価格、コート、お土産のことも。

【2019年3月19日更新】全仏オープンのチケットを持たずに、ローランギャロスへ行き、当日券を購入して観戦出来た情報です。少し古い情報ですが、もし参考になれば。。。 全仏オープンのチケット、当日券入手 COURTS ANNEXESで観戦出来るコート 村上藍子選手…

パリジェンヌが残した編みかけの毛糸を、ジャポネーズが蘇らせるプロジェクト

その日(過去記事)、パリのクリニャンクールの蚤の市で、思いがけず、たくさんの編み物系と出会ってしまいました。 パリジェンヌの毛糸【蘇生プロジェクト】前半 パリジェンヌの毛糸【蘇生プロジェクト】後半 パリのメトロとアクセス パリジェンヌの毛糸【蘇…

パリでお宝に出会った話『フランスマダムの編み物本'60』&クリニャンクールの蚤の市

パリ。土曜日の朝。メトロ4号線 PORTE DE CLIGNANCOURT で降り、300m程歩いて、クリニャンクールの蚤の市へ。 クリニャンクールの蚤の市 クリニャンクールでお宝発見(・∀・)した話 フランスマダムへの憧れ クリニャンクールの蚤の市 アンティークのボタンと…

パリcoletteでの衝撃の出会い・ニット雑誌『ニットニット』の輝き&Sabrina[Knit Knit #5]

コレットのガラスケースの上で、輝いていた雑誌『ニットニット』 最新と、最良が、最初に揃うと言われる、パリの中心地サントノーレ通りに位置するセレクトショップコレット。青い丸2コがブランドロゴです。店内に足を踏み入れただけで、その最先端のキラキ…

手当てしてもらってパリのウィンドウに並ぶテディベアたち&野口光『愛らしいお直し ダーニング』

手当てとお直しで、命をつなぐ 毛糸って、編んでて間違えても、ほどけば、一本の糸に戻って、また編める。 着古した思い入れのあるセーターも、ほどけば、また一本の糸に戻って、また編める。ほどいた糸を巻きなおしたウェーブ状の糸玉なんて、ほんと、愛お…