【編み物本を編む】~ルーエル通り39番地

ニット女子が「本」と「生きる」を編むブログ

パリジェンヌが残した編みかけの毛糸を、ジャポネーズが蘇らせるプロジェクト

パリジェンヌの毛糸【蘇生プロジェクト】前半

その日、パリのクリニャンクールの蚤の市で、思いがけず、たくさんの編み物系と出会ってしまいました。
www.rue-rouelle39.com

まん丸に膨らんだ大きなビニール袋を下げて、メトロに乗っている日本女子。治安対策が必要ないくらい、現地に溶け込んでいたと思います。夕方、ルーエル通りの部屋に戻りました。

パリのマダムが残した半端な毛糸や編みかけたち。その残された糸だけで、創りたいなぁ。

長年の時を経て、味わい深く育ってくれている毛糸。色も風合いもいい感じです。淡々と静かな佇まいの美。わびさび。でも、分量が微妙~。

そして、考えたキャミソール。糸も順番に替えながら、2本取りで組み合わせながら、きれいな配色を目指します。パリジェンヌが残した糸を、ジャポネーズのニット女子が、もう一度形にしてみるプロジェクト

せっかくなので、パリジェンヌが残したお揃いじゃないボタンも使おう。着れるサイズに...なった!

蘇ったぁ!


パリジェンヌの毛糸【蘇生プロジェクト】後半

さらに、たりるんのパリプロジェクトは続きます。完成したニットを手に、エティエンヌ・マルセル通りへ。

パリっ子に人気の伝統のあるヴィンテージセレクトショップ、KILIWATCH(キリウォッチ)前のファッションストリートで、モデルになってくれるコを探し、撮影。パシャ♪ Merci Beaucoup♡

パリジェンヌのマダム>ジャポネーズのニット女子>パリジェンヌのマドモワゼル、ぐるっと回って、フランスの世代が繋がった!

思いがけず、トントントン♬と、楽しいプロジェクトが実行できました。感謝m(_ _)m

パリのメトロとアクセス

クリニャンクールの蚤の市(Puce de Porte de Clignancourt)◆
・アクセス:メトロ4番線 Porte de Clignancourt (ポルト・ド・クリニャンクール)で降りて徒歩5~10分。Marcheの看板に沿って進む。
・OPEN:土曜・日曜・月曜 朝10時~夕方18時頃まで(お店によります)
・住所:150 Rue des Rosiers, 93400 Saint-Ouen, フランス

キリウォッチ(KILIWATCH)◆
・アクセス:メトロ4番線 Etienne Marcel(エティエンヌ・マルセル)で降りて徒歩約5分。
・OPEN:朝10時~夕方19時
・住所:64 Rue Tiquetonne, 75002 Paris, フランス


お付き合いいただきましてありがとうございました^^; またね!

ひと手間おかけしますがポチッていただけると舞い上がります m(_ _)m&m(=^.^=)m
ブログランキング・にほんブログ村へ